★ 高岡市民歩こう会 ★
R3 第2回
令和3年4月18日
(日)
小矢部  旧北国街道を源平合戦「火牛の計」の俱利伽羅峠に向かうコース 予定 約8km 予定表
  8:55  俱利伽羅駅前 集合
         オリエンテーション、準備体操、トイレ
  9:30  出発
                    ⇓   坂戸三叉路(俱利伽羅方面へ)
                    ⇓ 
                    ⇓   途中休憩(約10分)
                    ⇓ 
  10:40  俱利伽羅不動寺 休憩(約30分)見学 トイレ
                    ⇓
      展望台・火牛の像 昼食(約1時間)
                    ⇓
      俱利伽羅源平の郷埴生口 休憩(約10分)
                    ⇓
                    ⇓   歴史国道=いにしえ街道
                    ⇓
          石動駅  解散
和光塔
明治元号100年を記念して建立された
白亜の塔で、塔内には大日如来と修行大
師が奉安され壁面に四国八十八ヶ所霊場
のお砂が納められ、塔を一周すると四国
霊場を巡拝するご利益を頂けるとされて
います。
昭和44年金沢美術工芸大学の米田重博
教授が法隆寺の百万塔を模してデザイン
され、芝寿し(金沢市)社長の梶谷忠司氏
の御尊父である梶谷善郎氏の寄進によっ
て建立されました。
不動寺本堂
高祖弘法大師奉安の俱利伽羅不動明王が祀られており、
日々護摩法が御修法される境内の中心です。ご本尊不動明
王を始め阿弥陀如来、聖観音菩薩、毘沙門天、善無畏三蔵
法師、弘法大師など多数の仏さまと祖師がお祀りされてい
ます。
度重なる災厄により明治以降は本堂と呼べる建物はなか
ったが、昭和28年の仮落成の後、昭和35年に境内が整い復
興10周年記念事業を完成しました。
次回は 5月2日(日)
砺波 早苗の揃った田舎道をチューリップ畑を眺め
砺波総合運動公園へ コース 約7㎞
集合 8時30分 JR城端線油田駅前(解散場所別)
1325 1341 1347 1400 1344 1401
1410 1426 1430 1444
1450 1507 1522 15:35 15:41 15:59
1531 1547 1623 1636 1643 1659
火牛の像
五重之塔